ご注文の前に2 | 9月製作

ご注文の前に2(素材に関して)

革について

イタリアのトスカーナ地方で製造されている植物タンニン鞣し(なめし)の革を使用しています。古い製法で時間を掛けて丁寧に作られ、柔らかく滑らかな手触りです。
オイルが豊潤に含まれており、始めはマットな質感ですが使用するにつれて自然と艶が出て、色が深く変化します。シミや傷も使用するにつれて革と馴染み、気にならなくなる場合が多々あります。
オイルをたっぷり含んでいる革ですので、基本的にクリーム等でのお手入れは必要ありません。乾いた柔らかい布、又はほんの少しだけ湿らせた柔らかい布で拭いてください。

<プラム色>
上:1年半ほど使用(お手入れ無し)
下:新品

天然皮革の為、色ムラ・キズ・シワ・ニオイ等がある場合があります。同じ一枚の革でも、部位によって表情が異なります。それぞれ個性としてお楽しみいただけましたら幸いです。

ものによって、シボの入り方が異なります。

革の裏側には刻印のあるものがあります。イタリアのタンナーにて1枚の革に1箇所押されるものになり、製作上全ての商品に入る可能性があり、ランダムになります。
刻印が入っていないものがご希望の場合は、ご注文時に備考欄にお書きください。(革在庫の状況によりご要望をお受けできない場合があります)

ナチュラル色について

ナチュラル色は、染織されていない革です。web限定販売となります。
革の傷などが特に目立ちやすく、水濡れするとシミになりやすい一面があります。色の変化も激しいです。その過程でシミや傷を飲み込んで、最終的には飴色に変化していく魅力的な革です。

左:新品
真ん中:1ヵ月使用
右:3~4年使用

革の傷、水濡れのシミ。
色が変化するにつれて目立たなくなる場合が多いです。

ファスナーについて

ポーチなどで使用しているファスナーは、1930~1950年代に作られていたアメリカのメーカーの製法と規格を忠実に再現し、現在日本で製造されているものです。上止や下止と呼ばれる金具も一般的なものと異なります。

左:4年使用、右:新品

エレメント(むし)の部分は丹銅で出来ており、革と同じく経年変化をします。
始めは少しカリカリとした手ごたえのある開け心地の場合がありますが、使用するにつれてカドが取れて滑らかになります。

テープ部分はポリエステルのものを標準としています。
昔ながら力織機で織られたの綿100%のファスナーもご用意しています。ポリエステルに比べて汚れやすく少し伸びたり毛羽立ったりしますが、現在ではなかなか見られないファスナーです。ご希望の方はお問合せください。(ポーチ類のみ、長財布・中財布はありません)

修理に関して

糸の縫い直し等、出来る限りご対応させていただきます。修理前にお見積もりをお出しし、内容をご相談させていただきます。お気軽にご相談ください。

その他注意点

* 画面上の色合いと実物には差異が生じる事があります。画像はおおよそのイメージとしてご確認願います。
* 摩擦や水濡れに等により、色移りする可能性がありますのでご注意ください。特にバッグの持ち手やショルダーなどはお気をつけ下さい。
* サイズ・重さには若干の誤差が生じます。
 
 
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。